読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

授乳に思う

息子は1歳2ヶ月になり、4最近目下私を悩ませているのは頻回授乳。

 

私はそんなに母乳の分泌がいい方ではなかったし、離乳食が始まる前まではずっと混合で、ミルク大好きっ子でした。

離乳食が2回食になった7か月頃に、ミルクがなくても離乳食で補えるようになり、母乳中心になったものの、本人はそんなに母乳に執着もなさそうで、ただ夏場だったし、水分補給の意味も込め、私の方から時間を見て授乳していたような感じだったのに。

 

なのに!!!

 

1歳を目前にした頃から、しきりに服の襟元を引っ張り、乳を欲するしぐさをするようになり、そこからが彼の母乳への執着がピークに。

一日の授乳回数は5~10回。

遊びに出掛けたり、他に夢中になれるものがあると忘れてることもあるけど、家でぼーっとしてる時なんかは、頻回さは尋常じゃなく、飲み終えても5分と経たずにまた欲したりなんかして、私もなんだか疲れ気味・・・。

 

そんなに母乳にこだわりがあって、ずっと長くあげたいと思っているわけでもないし、かと言って、むりやり早く辞めねばと思っているわけでもない。

一番は本人が早々と興味をなくしてくれればなぁと思っているけど、そんなわけにもいかないか。

ただ、不眠症が辛くて、妊娠前はずっと寝る前に睡眠導入剤を飲んでいたのだけど、今は服薬していないため、夜が全然眠れないこと。

そして頻回さに疲れて家にいても「あー・・・また来る・・・。また来た・・・。」と、半ば息子乳を求めてくることに恐怖を抱いたりするくらいしんどい時もあったり。

回数が落ち着いた日は、もう少し頑張れそうな気もするけど、頻繁な時は本当に母がぐったり。

それでも断乳する決断も、長く続けようと前向きに立ち向かう決断もできぬまま、なんとなく毎日しんどい感じでだらだらしているなと。

 

思えば授乳には辛い思い出の方が多くて。

産後1ヶ月くらいは、息子がうまくくわえることができなかったので、直母→哺乳瓶で搾乳を飲ませる→次回のために搾乳というサイクルだったため、1回の授乳で1時間以上かかっていて、本当に辛かった。

退院後2週間の検診でも全く飲めておらず、もう母乳なんて辞めてやると思って最後のつもりで臨んだ1ヶ月検診で、ようやくくわえることもでき、40gほど飲めていた時に、もう少しだけ頑張ろうと続けることに。

乳頭は傷だらけだし、落ち着いたと思ったら歯が生えた6か月頃にはまた傷だらけになるし。

乳腺炎ではインフルエンザを超える高熱で長期間倒れ、真夏なのに寒気で震えていた。

でもなんか辞める決断ができなかったのだよな・・・。

産後、ホルモンバランスが崩れすぎていたのか、うまく授乳できないことにいつもすごく悲しくなって、入院中の看護師の言葉に傷ついたり、退院後も本当にしょっちゅう泣いてた。

分泌も不安だったことから、4か月頃から不定期に、助産師の母乳マッサージなんかも通ったりして。

なんでこんなにまじめに頑張ってたのかなぁと振り返って思う。

 

断乳を検討して、先日母乳マッサージで通っていた助産師さんの断乳・卒乳セミナーに参加したけど、母乳の素晴らしさについて語られるたびに、辞めようと思う自分がダメな気がして、なんでか涙があふれてきたのだよな。

そういえば出産した産院も、母乳の素晴らしさについて、妊娠期から学ぶ講座など開かれ参加していたけど、産後辛かった時もそれがかなり自分へのプレッシャーになっていた気がする。栄養価も高く、経済的な母乳を、なぜ私は満足に授けられないのか?みたいな。

 

結局、迷ってるうちは断乳しない方がいいみたいなその助産師さんの言葉を聞いて、まだ断乳の決断はできないままだけれど。

本当にどうしたらいいのかなー。。

とるに足らない問題だということは分かっているし、母乳がなくなったところで、彼の人生になんの影響もないことは確信を持って言えるのだけど。

 

とにかくこの授乳という行為について、私は産後から今にいたるまで、とても情緒をかき乱されながら不安定な気持ちで臨んでいる気がする。

 

そんなただのぐらつく気持ちの吐露でした。